クレジットカード現金化業者と消費者金融の違いとは?

クレジットカード現金化業者と消費者金融は一見似たように感じますが、システムが全く異なることを知っておきましょう。

どちらも利用者が現金を手に入れることは出来ますが、「融資」という形態を取っているか否かというところが一番の違いになります。クレジットカードの現金化では品物の売買という形ですから、そこに「融資」という性格はありません。しかし、消費者金融では借入という融資をしているのです。

ですからクレジットカードでのキャッシングや消費者金融などからの借入は融資になりますので、当然返済とそれに伴い利息の支払いが発生します。

しかし、クレジットカード現金化においてはカードのショッピング枠の限度額の中で商品を購入し、その商品を業者に売るわけですから、決して融資ではないのです。現金化とはあくまで商取引であって、融資ではありません。これは覚えておきましょう。

しかし、よく考えてみれば商品を購入するための代金はクレジットカード会社が立て替えているわけですから、融資のような感じを受けるでしょう。

ですが、あくまでカード使用のショッピングは利用者主導の借入なので、カード会社へ利息を付けて返済すればよいのです。何より現金化には融資の時に必要な審査もありませんし、総量規制にも引っかからないのです。

このように、クレジットカードのショッピング枠の限度額内の金額であれば、利用者は現金を手にすることが出来ます。

細かく言えば、この現金化をいうのはカード会社が立て替えてくれたお金を使用することになるわけですが、カード会社にはその買い物が現金化に使われているのか、利用者が実際に使用する商品なのかを判断することは出来ないのです。

なぜかというと、普通にカードでショッピングするのも現金化に使うのも、結局は何かしら商品を購入するという形を取っているからなのです。

利用者はカードでショッピングをしたからといって、その領収書をカード会社に示さなければならないという義務などありません。だからショッピング枠を現金化することが出来るのです。

クレジットカード現金化はなにを現金に変える?

昨今、「現金化」という言葉を目にすることが多くなりました。この現金化とは何かを現金に換えることを指します。ようするに、このシステムでは何らかの品物を売ることで、その代金を現金で手にすることが出来るのです。しかし、当然のことですが、通常の商品売買と現金化では方法が違います。

現金化において商品を購入するときにはクレジットカードに設けられているショッピング枠を使います。ご存じの通り、ショッピング枠でお金を借りることは出来ませんが、買い物をすることは出来ます。その購入した品物を売るということになります。

そして、品物を売ることで利用者は現金を手にすることが出来ます。あくまで商品の売買であり、キャッシングなどの借入ではありませんので、現金を手に入れるための審査などは一切生じません。

通常通り、利用者はカード会社に購入代金を返済していけばよいのです。もちろん返済には利息が発生しますが、キャッシング枠の利息に比べると低く設定されていますので、返済は楽に感じると思います。

これまでは現金を調達するためには融資を受けていたでしょう。金融機関らの融資というのは直接利用者に現金を貸し付けます。そこには上記のような商品といったような担保は存在しません。

その上で、利用者個人の信用と総量規制の枠内であるかといった点を審査して、返済できると見なされれば現金を貸し出します。金融機関では、貸し付けた金額に対して法定金利を超えない範囲の利息を付けることが出来ます。

これで、現金化と融資の違いはお分かりでしょうか。注目して欲しいのは、現金化において審査の必要があるなどと持ちかけてくるのは、あり得ないという点です。

また、利息もカード会社へ支払うだけで、現金化の時には発生しないということです。現金化で必要なのは換金率といったキャッシュバックの割合ということになります。