— Posted in クレジットカード現金化がしたいなら, 優良クレカ現金化業者, 悪徳クレジットカード現金化業者に注意

クレジットカードは便利だけど使いすぎると危険!

クレジットカードというのは、もっていれば心強い味方になりますが、それと同時に、不利点も持ち合わせているという点を留意しなければなりません。

日常的に金銭にうるさく、管理をこまめにしている人は多いかと思いますが、これがクレジットカードとなると、金銭感覚が麻痺してしまい、つい使い込んでしまうというケースが多発します。

親子カードですと、子カードが使用できる月ごとの上限額を設定することは可能ですが、親カードは普通そのような機能はありません。

利用者自身で使い過ぎないようにコントロールするしか方法がありません。近ごろは、クレジットカードで金銭を浪費してしまい、借金をし、借金を返済するためにまた借金を重ねるという人が増加傾向にあります。

金融法の改正があり、年収の3分の1が借り入れの上限とされたため、新規の借金ができずに、消費者金融へ駆け込む人も増えています。

その帰結として、消費者金融からの支払催促におびえて夜逃げしてしまう人がいるのが現状です。しかしながら、夜逃げという手段は、普通に勤務している人間にはなかなか使えない手でもあります。

その結果、債務整理や自己破産を選ばざるを得ない人が増加しているところなのですが、自己破産をすると以後7年間は、クレジットカードを新規で作成することが不可能となります。

クレジットカードを利用できない日常を想像できるでしょうか。そんな状況に陥らないためにも、常日頃から借金をしすぎないように自己の財産管理を確実にし、収入に見合った生活レベルで満足するように心がけたいものです。

クレジットカードの種類にはざまざまありますが、ショッピング枠とキャッシング枠でいうと、キャッシング枠が付帯していないことはありますが、原則として果たす役割は同じになります。

借金を返すことに困った場合の最終手段として、ショッピング枠を現金化するという方法がありますが、これを行ってしまうと、悪質であると判断された場合には、自己破産ができなくなることがある模様です。


Go on, Add your Voice!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です